営業マンにご注意を!注文住宅はこんな会社を選ぼう!

契約を急ぐところは避けるようにする

注文住宅を建築する場合には、工務店やハウスメーカーを選ばなければなりませんが、詳しい人などを除いてどこを選んだらいいのかなかなかわからないものです。そこで、注文住宅の業者の選び方のポイントとして挙げられるのは、まず契約を急ぐようなところは避けることです。当然工務店やハウスメーカーも、少しでも契約をたくさん取れば売り上げにつながりますので営業マンの方も必死に契約をとろうとします。
ですが、顧客のことを考えずにとにかく契約だけ取ろうとするならば、急いで契約書にサインしてもらうことになってしまいます。ですがそのような業者に任せても、顧客のことを考えておらず良い住宅ができる可能性は少ないでしょう。それよりも、じっくりと顧客の話しを聞いてくれるところを選ぶべきです。

プロとしての意見を伝えてくれる業者がよい

住宅を建築する場合には、素人がよいと思ってもプロの視点から見ると問題があるような場合も存在します。注文住宅のメリットは、自由に設計し思い通りに建築できることですが、顧客が考えているよい住宅と業者が考えているよい住宅の認識の間には少しずれが生じるものです。 この場合質の良い業者としては、顧客の考え方を頭ごなしに否定するのではなく、顧客の考え方を汲んだうえでプロの意見をそこに入れてより妥当な住宅にしていくこともできます。そのようなやり方ならば、注文住宅のメリットを活かすこともできますし顧客の意見も反映させることができます。またプロフェッショナルの視点からも、妥当な住宅ができあがるためそのような業者を選びましょう。

分譲住宅とは、郊外地域の田畑があったような場所に建てられるケースが多めです。そして、あまり発展していない地域だと買い物等で困る可能性があるため、周辺の発展度合いをよく分析する必要があります。