建売住宅がお得とは限らない!注文住宅ならではのメリット・デメリット

注文住宅のメリットは何か

注文住宅のメリットのうちの一つは、法律の範囲内で自分たちが希望している間取りの住宅を設計できることです。できあがった時には、満足感は言葉に表しきれないものがあるでしょう。もちろん設計する場合は設計士と一緒に行いますが、希望を伝えれば設計士がそれに応じて希望に近い形をの設計をしてくれます。これによって、満足感の高い住宅になるでしょう。
もう一つのメリットは、建築業者を選ぶことができる点です。建売住宅の場合は、業者を選ぶことはできませんが、注文住宅の場合は自分が気に入っている業者を選ぶことができる点に大きなメリットがあります。例えば、和風住宅を建築したければ、和風住宅を得意としている業者に依頼することが可能です。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは、基本的に建売住宅よりも金額が高くなることです。なぜそのような傾向があるかといえば、建売住宅の場合は最初からある程度形が出来上がっておりその形を少しだけ改良してたくさんの住宅を建築していきます。また、細かいこだわりもないことがほとんどです。もともと大衆受けをするような住宅を建築していますので、特定の人にしか興味をもたれないような細かい作りは一切ありません。ですが注文住宅の場合は、ほぼオーダーメイド状態になりますので細かいこだわりを反映させる分高くなりやすいです。
土地を購入する時も、分譲地の建売住宅の場合はまとめて購入するため安くなりますが、注文住宅の場合は個別に購入することになるためやや割高になるでしょう。ただそれでも、極端に金額が違うわけではありません。